23/10/2019

気になるプログラミング言語を基礎レベルで解説していきます

ウェブ開発でよく知られているプログラミング言語がPHPです。これはHTMLに埋め込むことができるプログラミング言語でスクリプト言語とも言われています。主にウェブアプリケーションの開発に使われるツールで多くのウェブサイトで活躍しているのが特徴です。具体的にウェブサイトに機能を拡張させる事ができるので使い勝手の優れたサイトを作りたいときに一役買ってくれます。他にもジャバスクリプトと呼ばれるプログラミング言語がありますが、これはPHPとは内容が違っているので注意が必要です。基本的にジャバスクリプトはクライアントサイトで機能をするのが特徴で、誰でもコードを確認できる仕様となっています。

PHPはサーバーサイドでコードを実行するのが特徴で結果のみをユーザーが受け取れる仕様です。どのようなコードを実行して結果が導き出されたのかユーザーは見ることができません。ちなみにPHPを実行するにはサーバーにPHPをインストールする必要があるので注意しておきましょう。上記の仕様をうまく利用すれば外側から入ってくるユーザーを限定する事ができるので、特定の人物だけサイトに招き入れるといったこともできます。これはショッピングサイトだと会員限定のページなどが該当するでしょう。PHPを利用すればデータベースと連携をする事ができるのも特徴です。様々なデータベースと連携できるのでブログや掲示板などの記事をデータベースに記録して、サイトアクセスがあると記事データを読み込んでページに表示できます。